calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

archives

links

macrobiotic foods

Now Visitor

登山☆山行記録

・ヤマレコ山行日記 2011年から登山を始めました。丹沢をベースに、時折、八ヶ岳や北アルプスにも遠征。好きな言葉は“縦走”。山頂で食べる山ごはんは最高!

friends' links

2013.03.02 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2010.04.27 Tuesday

    ルビー色☆紫蘇ジュースゼリー

    0

      紫蘇ゼリー

      太陽に透かしてキラキラ光るルビー色のゼリー

      温かくなってきたので紫蘇ジュースでさっぱりしたゼリーを作ってみました。

      紫蘇のジュースは梅干しを漬ける時期に紫蘇をたくさん買って甜菜糖で作り保存してあります。

      紫蘇ゼリー

      夏は水や炭酸水で割って飲んだり、冬は大根やかぶを漬けたり、お湯で割ってホット紫蘇ジュースにしたりして一年中楽しんでます。

      紫蘇ジュースを好みの甘さに水で割って鍋で温めながら粉寒天を入れるだけ。久しぶりに作ったけどやっぱりおいしい

      今回はアロエの缶詰がちょうどあったので入れてみました。紫蘇ジュースとアロエ。相性抜群です


      材料(カップ4個分)
      ・紫蘇ジュース+水 好みの甘さで約400cc
      ・粉寒天 小さじ1と2/3 (袋に記載されている分量参照)
      ・アロエ 適量

      作り方
      1.鍋に紫蘇ジュースを入れ水で好みの甘さに薄め全部で400ccになるように加減する。
      2.粉寒天を入れて沸騰させたら荒熱を取り、アロエを入れたカップに100ccずついれる。
      3.冷蔵庫で冷やして出来上がり。

      補足
      ・寒天は一度沸騰させないと固まらないので沸騰させてください。


      応援クリックよろしくお願いします♪
      にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
      「レシピブログ」ランキングに参加中!ぜひクリックお願いします♪
       


      2009.07.19 Sunday

      リッチな☆よくばりオートミールクッキー♪

      0

        オートミールクッキー
        今度人にプレゼントしようかと思っているオートミールクッキー。

        ベーシックなマクロビスイーツなのでよく作っているものだけど、プレゼント用にしたいのでちょっと入れるものを工夫してみました




        いつもの材料(オートミール・全粒粉・レーズン・クルミ等)に押し麦、フロッケン(ライ麦)、クランベリー、アーモンドスライスを足して、ちょっとリッチな☆よくばりオートミールクッキー♪ 

        オートミールクッキー
        ノンオイル・ノンエッグ・ノンミルク

        オイルを入れない代わりに練りゴマが入ってます。

        押し麦はよく雑穀ごはんを炊くときに使っている平たい麦。

        これをフライパンでローストしてます。

        写真二枚目:左のクッキーの右はしと右のクッキーの上の方に白く見えるのが押し麦です。

        ナッツのコクとドライフルーツの甘みがほどよく、押し麦&ライ麦で食感の良いオートミールクッキーです

        いろいろ入っているので噛めば噛むほどがして楽しいです。ぜひお茶などと一緒に、ゆっくり味わってみてください

        いつも早食い王の主人もよく味わいながら食べてくれて、「これはまた濃厚だね〜」と喜んでおりました。


        オートミールクッキー(プレゼント)

        オートミールクッキープレゼント用

        プレゼント用なのでいつもよりは少し甘くしてあります。

        米あめやメープルシロップの分量はお好みで調節してみてください。


        材料(直径5冖鵤隠極隋
        a.オートミール 3/4カップ
        a.全粉薄力粉 1と1/2カップ
        a.ベーキングパウダー 小さじ1
        a.押し麦をローストしたもの 大さじ3
        a.フロッケン(ライ麦) 大さじ2
        b.レーズン 大さじ3
        b.クランベリー 大さじ2
        b.くるみ(軽く刻んだもの) 大さじ2
        ・アーモンドスライス 大さじ2
        ・米あめ(or メープルシロップ) 1/2カップ
        ・練りゴマ 大さじ2
        ・水(or りんごジュース) 大さじ2

        作り方
        1.aを全てボールに入れてさっくり混ぜたら練りゴマを入れ手でこすり合せてなじませる。
        2.1にbを入れ米あめを入れてフォークなどで混ぜる。
        3.最後にアーモンドスライスを(あまり砕けないように)入れて、水もしくはリンゴジュースで生地の硬さを調節する。(水は目安大さじ2。入れすぎないよう注意。)
        4.形を作ってクッキングシートに並べ180度で約15・6分ほど焼く。

        補足
        ・焼き具合はオーブンによって調節してみてください。
        ・押し麦やフロッケンが無ければその分の量をオートミールに置き換えてください。



        応援クリックよろしくお願いします♪
        にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
        「レシピブログ」ランキングに参加中!ぜひクリックお願いします♪
         


        2009.01.11 Sunday

        鏡開き☆お汁粉

        0
          お汁粉

          今日は1月11日鏡開きの日です。

          神様にお供えしていたお餅を割って 「お汁粉を作りました鏡もち

          先月はクリスマスケーキケーキを作って頂いたばかりで少々矛盾?しているのは分かっているのですが、これも日本人は西洋の文化を上手く取り入れ、それもまた自分の文化のようにしてしまう器用な習性のひとつかもしれません。

          「鏡開き」
          鏡開き(かがみびらき)とは、正月に年神に供えた鏡餅を割リ、雑煮や汁粉に入れて食べ、一家の円満を願う行事である。 「開き」は「割り」の忌み詞(いみことば) 鏡は円満を、開くは末広がりを意味する。また、鏡餅を食すことを「歯固め」という。これは、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためという。
                              出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

          応援クリックよろしくお願いします♪
          にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

          | 1/1PAGES |